INFORMATION(お知らせ)

お知らせ

和太鼓部の夏 ☆彡

 

「なとり夏祭り」のステージや、「デイサービスにこトピア名取」の夏祭りで演奏させていただきました♪

日頃の練習の成果を存分に発揮し、多くの方達に楽しんでいただくことが出来ました。

今後の和太鼓部の活躍もお楽しみに~☆

1年生がエダマメの収穫を行いました~♪

5月に種をまいたエダマメ(湯あがり娘)が大きくなり、収穫の時期を迎えました!

雑草取りや追肥に土寄せなど、生徒達が精魂込めて栽培してきたエダマメです。

収穫後は選別(良いエダマメを選ぶ)して、袋に詰めて販売!

地域の方々に喜んでいただくことが出来て何よりです。

 

生徒のみなさんは、自分で育てたエダマメの味はいかがだったでしょうか?

令和4年度宮城県学校農業クラブ連盟 家畜審査競技大会(肉用牛の部) 結果報告

 8月2日(火)、みやぎ総合家畜市場にて、令和4年度宮城県学校農業クラブ連盟 
家畜審査競技大会(肉用牛の部)が開催されました。

 参加校7校の各選手(3人)が、繋がれている和牛を一斉に【視覚】と【触感】で審査する競技であり、経産牛においては、4頭を20分間で『総体的に優れた順に順位づけ』し、『各部位3箇所(後躯・資質・肢蹄)を優れた順に順位づけ』し審査をしました。その後、未経産牛4頭を10分間で『総体的に優れた順に順位づけ』し審査をしました。本校の選手は、日頃の学習や夏季休業中に特別講習を受け今回の大会に臨みました。大会の結果を下記に記します。

 なお、個人で最優秀賞を受賞した髙橋瑛さんは、来年度熊本県で開催される令和5年度全国農業クラブ連盟家畜審査競技大会(肉用牛の部)に出場することが決定しました!!

 

個人:最優秀賞

2-1 髙橋 瑛 さん(みどり台中出身)

令和5年度 全国農業クラブ連盟家畜審査競技大会

出場決定!!

 

団体:優秀賞

2-1 髙橋 瑛  さん (みどり台中出身)

2-2 木村 楓花 さん ( 折立中出身 )

2-3 林  らん さん (宮教大付属中出身)

2-2 長谷 桃樺 さん ( 富沢中出身 )

2-1 谷藤 実華 さん ( 郡山中出身 )   

おめでとうございます!!

 

 

 

 

 

【重要】中学生体験入学について(中止のお知らせ)

8月1日(月)に予定している、中学生体験入学を中止いたします。

 

多くの中学生にご来校いただく予定でしたが、現在の新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、感染のリスクが大きいと判断し中止とさせていただきます。

 

お申し込みいただいた方へは、登録されたアドレスに後日メールを送らせていただきます。

楽しみにされていた方々には大変申し訳ございませんが、ご理解をどうぞよろしくお願いいたします。

 

※学校HPを更新しておりますので、本校の学習内容や部活動の取り組みなど、ぜひご覧ください!

 

1日体験入学について(申し込み締め切りました)

8月1日(月)に行われる、一日体験入学の申し込みは、7月20日で終了いたしました。

参加される方は、感染症と熱中症対策をしっかりと行い、参加をお願いします。

 

なお、新型コロナウイルスや自然災害等で、中止となる場合はホームページにてお知らせいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

また、参加者以外の方で、本校に興味のある方は、ぜひホームページをご覧ください。

不定期ではありますが、授業や行事、部活動の活躍などを更新しています。

宮城県学校農業クラブ連盟 農業情報処理競技会に参加しました!

7月6日に亘理高校にて開催されました

宮城県学校農業クラブ連盟 農業情報処理競技会に参加しました。

 

本校からは、2年3組 渡部 眞夕(わたなべ まゆ)さんが参加し、

情報処理に関する知識や、表計算ソフト等を用いた情報処理の技術を競いました。

 

こちらは、朝の練習時間の様子になります。

 

考査開けからの短い期間になりますが、毎日放課後を使い下校時刻ぎりぎりまで頑張った結果・・・

 

 

 

 

 

優秀賞を得ることができました!

おめでとうございます!短い期間ながら、頑張った成果と思います。お疲れ様でした!!

 

次は、8月に青森で行われる東北大会に参加する予定です。引き続きご声援よろしくお願いします!!

芸術鑑賞会の開催!

6月24日(金)名取市文化会館において芸術鑑賞会が開催されました。

芸術鑑賞会は、生徒達に様々な芸能を鑑賞することにより、豊かな人間性を育んで欲しいという願いから毎年開催しています。

今年度は音楽鑑賞として「The Greatest Musicals 11」という演目が行われました。

一人の役者が登場し素晴らしい声色で始まります、普段と違う迫力のあるトーンに生徒はこれから何が始まるのか興味深く見入ります。

クラシック音楽やポップスなど聞き覚えのある楽曲や初めて聞く音楽もあり会場が盛り上がりました。

最後の演目は役者が勢揃いし迫力ある音楽と歌声で生徒達を魅了しました。

プロの方の発声や歌声はとても素晴らしく、心に響く演目でとても有意義な芸術鑑賞会でした。

宮城県学校農業クラブ連盟 意見発表大会開催!

7月1日、本校において宮城県農業クラブ意見発表大会が開催されました。

県内の学校代表に選ばれた生徒が参加しました。

 

 

発表は大講義室と会議室の2会場でⅠ類 生産・流通・経営 Ⅱ類 開発・保全・創造 Ⅲ類 ヒューマンサービスの3つの部門で発表されました。

開会式に臨み生徒は緊張の面持ちです。

各校の代表者は、日頃の練習の成果を発揮して堂々とテーマに沿った意見を発表していました。

本校からは3名出場しました。

Ⅰ類が2年の 林   らん  さん 「家畜に寄り添う飼育方法へ」

Ⅱ類が3年の目黒 花織 さん 「糀花の魔法使い」

Ⅲ類が3年の樋口 沙梨 さん 「土に生きた想い、継承へ」

結果は目黒さんと樋口さんが最優秀賞、林さんが優秀賞となり、2人が東北大会出場権を得ました。

おめでとうございます。これからも練習を頑張って全国大会出場を目指して下さい。

令和4年度防災避難訓練(防災教育)

 令和4年6月8日(水)3校時に防災教育が行われました。この日は,本来であれば,地震後に火災が発生した場合を想定して避難訓練を行う予定でしたが,あいにくの雨模様で,急きょ内容を変更してZoomによる防災教育を行いました。

 校長先生から開会のご挨拶をいただき,その後,防災担当の先生からスライドを使って本校の防災体制について説明があり,最後に名取市消防署高舘出張所職員の方に,火災が発生した場合の初期消火の仕方を解説していだきながら,生徒代表による水消火器を使った消火訓練を実演してもらいました。

 いつもとは異なるやり方ではありましたが,教室でしっかりと災害が発生した場合の行動について学ぶことができました。

 また,防災教育の後,事務職員による通報訓練も行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

意見発表大会の開催!

5月25日、農業クラブの意見発表大会が開催されました。

これは、普段の授業や生活の中で農業について感じたこと実践したことを作文にして、

7分以内で発表するというものです。

代表に選ばれた生徒は、緊張した表情で発表を待ちます。

 

発表は感染症予防のため、タブレットで配信するオンライン形式で行われました。

 

 

今までの練習の成果を発揮し、皆さん真剣な表情で発表しています。

   

この中から3名が選出されて県大会で発表します。皆さんお疲れ様でした。

県大会大会でも頑張ってください。

 

 

 

令和4年度交通安全教室・薬物乱用防止教室の実施について

令和4年度交通安全教室・薬物乱用防止教室が開催されました。

岩沼警察署の講師の先生方より講話をしていただきました。

自分の命を守るために交通ルールやマナーを守ることの大切さを学びました。また違法薬物の使用による健康被害についても詳しくお話をしていただきました。

講話の最後には生徒からの決意表明があり、交通安全を守りながら安全な環境作りをしていきますという意気込みを述べてくれました。

 

 

 

芋掘り遠足の予約確定しました(満員につき、新規受付は終了します)。

お申込みいただいた、芋掘り遠足の日程が確定いたしました。

下記をクリックして、イモ掘り遠足のページへお進みください。

   ↓

https://miyanou.myswan.ed.jp/imo

 

園児たちが来ることを楽しみに、生徒と職員一同サツマイモを美味しく育てていきます☆

皆様のお越しを心待ちにしています♪

 

※定員に達しましたので、新規受付は終了しました。

新種「クマノザクラ」の記念植樹が行われました。

震災10年を迎えた名取市と姉妹都市の和歌山県新宮市ロータリークラブの交流事業として,和歌山県熊野地方で100年の時を超えて発見された新種「クマノザクラ」が本校に寄贈され,4月23日(土)に各市ロータリークラブの皆さんと園芸科造園専攻3年生と共に記念植樹が行われました。本校舎周辺は,ソメイヨシノ・八重サクラが数多く植えられており,貴重な「新種クマノザクラ」の交雑を避けるため,本校の畜舎ゾーンに8本と石碑の添えとして2本植樹しました。貴重な「クマノザクラ」を寄贈していただきありがとうございました。末永く大切に管理して行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい!全校田植え!

5月12日、本校実習田において全校生徒約700名と職員約100名による宮城県農業高等学校の一大イベントの全校田植えが開催されました。五月晴れとはなりませんでしたが、穏やかな天候でひばりが鳴く下で田んぼの感触を確かめ、楽しみながらみんなで田植えを行いました。

 

田植え前の事前説明では、苗の植え方など気をつけるべきポイントや全校田植えを行う上での心構えなどお話頂きました。

育苗ハウスから苗を持って、いざ出発!作物部門が丹精込めて作った苗を運んでいきます。

田んぼに着いたら、一直線に並んで準備完了です。

一カ所に3から5本を植えていきます。本数が多すぎても少なすぎても品質に影響します。

足を入れると「うわー」「つめたーい」というような喜びや、笑いの声がでました。

  

3年生にとっては最後の全校田植えになります。

みんなの思い出に残ってもらえたら教職員一同うれしいです。

このお米は9月には収穫を行い、10月の収穫感謝祭で全校生徒で試食を行います。

今から楽しみです。

この日、植えた品種は「だて正夢」です。去年の日本一おいしいお米コンテストにおいて最優秀金賞に輝きました。

 

もちもちしてとても美味しいお米です。

皆さんに販売する日は宮農祭になります。お楽しみに。

これからは農業科作物部門が責任をもって美味しいお米を作っていきます。

全校田植えに向けて旗作り♪

各クラスのレクリエーション委員が、田植えに向けてクラス旗を作成しました!

力作をご覧ください!

最優秀賞!(3-5)

優秀賞!(3-2、3-4)

 

生徒会新聞4月号

生徒会では,宮農での生徒の活躍の様子をより多くの人に知ってもらうために,生徒会新聞を発行しております。本日4月号を発行致しましたのでぜひご覧ください。

体育の授業にて「手洗いチェック」を実施

 

 昨年度に引き続きコロナ対策の一つとして,手洗いチェッカーという機械を使用し,日頃どれだけしっかり手洗いができているか1年生を対象に手洗いチェックを実施しました。

   

 

手洗いがしっかりできていない状態で手洗いチェッカーの中に手を入れると・・・

   ↑手が白くなって見えてしまいます。。。

 

 

手が白くならないように,生徒たちは入念に手洗いを行っていました。

今後もコロナ対策の一つとして,手洗いをしっかり行っていってほしいと思います。

                                            保健体育科一同

 

壮行式が行われました

 4月28日、仙南総体壮行式が行われました。

各部活動で仙南総体での目標と意気込みを伝えます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手を代表してバトミントン部の3年生が宣誓しました!

 

 

 

 

 

 和太鼓部からは、和太鼓の力強い演奏で選手を激励してくれました。

合唱部と吹奏楽部からは、素敵な演奏で激励してくれました。

選手の皆さん、頑張ってください!!

 

生徒総会・農ク総会が行われました

 4月27日、生徒総会、農ク総会がおこなわれました。

今回も昨年度同様に、各クラスの教室でオンラインでの開催となりました。

オンライン総会ではありましたが、生徒の皆さんは真面目に取り組んでいたようです。

 

 

 

 

 

また、総会を運営していた生徒の皆さんの様子も少しお見せします。

廊下にスタンバイし、各クラスの様子をうかがいます。

オンライン総会の拠点である大講義室では…実は…

緊張感が漂っていました。

堂々としているように見えても緊張しているようです。

 

日本庭園(坪庭)を制作しました。

園芸科造園専攻3年生が,庭園の計画設計の授業で,本校中庭に日本庭園(坪庭)の施工をしました。

中庭は吹奏楽部や合唱部また軽音楽部などが演奏会を開いたり,天気の良い昼休みには,多くの生徒が思い思いに寛ぐ場所です。これまで造園専攻生は,シバサクラ植栽で中庭の「彩り化」を行ってきました。そして今回は「和」をテーマに縦×横2.2m×2.2mの坪庭「日本庭園」を計画作庭しました。 

植栽樹:クロチク・アオキ・アセビ・ヒイラギナンテン・サツキ・リュウノヒゲ・サザンカ 

石組:石灯籠・手水鉢・飛石・敷石  その他:四つ目垣・僧都(そうず)

ぽかぽか お花見♪

春の陽気に誘われて、クラスの親睦を深めるためにお花見散歩に出かけました♪

学校から徒歩10分の素敵な桜スポットで、お団子を片手に生徒達の笑顔が広がりました♪

はじめまして

4月12日、新入生を迎え、2、3年生との対面式と、

2、3年生からの部活動紹介が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入生も初めての2、3年生と会うので、緊張していましたが、

2、3年生も1年生の前で部活紹介するので、緊張していたようです。

新入生の皆さんが何部に入部するのか楽しみですね!!

ご入学おめでとうございます!

4月11日、入学式が行われました。新入生のみなさん、保護者の皆様には心よりお祝い申し上げます。

今年度も感染対策を行いながら対面での入学式を行うことができました!!

241人の1年生からは緊張感とわくわくした気持ちが伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担任の先生も新入生1人ひとりの名前を呼んだり、新入生の前に立ったり緊張していました。

 

新入生は、3年間を有意義なものにしたいという決意を、

校長先生からは、3年間目的・目標を持って学んでほしいという期待を込めた言葉をいただきました。

 

新入生の皆さん、生徒の皆さんとともに宮農も挑戦して参ります!!

宮農生活が有意義な時間だった、楽しかったと思える時間になるよう一緒に頑張って行きましょう!!

 

 

新学期がはじまりました!

  徐々に厳しい寒さも和らぎ、春の陽気を感じられるようになりました。

宮城県農業高等学校でも4月8日、新任式・始業式が行われ、新たなスタートを迎えました。

 

新任式では、新しく宮農にいらした先生方から“楽しみ”という思いとともに、緊張感も伝わってきます。

 

また、始業式では、校長先生から激励の言葉をいただきました。

昨年度以上に実り多い1年にしたいものです。

 

宮城県農業高等学校では、生徒、職員ともに昨年度以上に挑戦して参ります!!!

どうぞお楽しみに!

離任式

3月30日、離任式が行われました。今年度は、23名の先生方が離任されました。寂しい気持ちもありますが、先生方のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

本校ホームページが表彰されました!

 3月28日に全国農業高校・農業大学校デジタルコンテストの表彰式が行われ、ホームページ部門にて本校ホームページが審査員特別賞を受賞しました。日頃より多くの先生方に更新・情報発信をしていただいている賜です!

 昨年度の奨励賞に続き、2年連続での受賞となりました。今年度は、トップの学校紹介動画を高く評価して頂きました。見たことのない方はぜひ一度ご覧下さい!

 

 また副賞として、「コミュニケーションデザイナーによるデジタルコミュニケーションセミナー」を頂きました。今後も学校の魅力を伝えられるような情報発信をしていきたいと思います!

終業式・賞状伝達式

3月25日、終業式・賞状伝達式が行われました。

終業式では、1年間の締めくくりができたようです。

賞状伝達式では、この1年間の頑張りを表彰します。来年度も飛躍してほしいと思います。

 

令和4年度芋掘り遠足の受け入れについて

今年度も、多くの子供達に楽しんでいただけるよう、職員・生徒一同真心を込めて育てていきます!

 

案内文書と要項を下記に添付致します。

ご確認の上、4月11日(月)~5月13日(金)にお申し込みをお願い致します。

なお、今年は申し込み方法が変わりました。

インターネットの入力フォームから申込となります。

どうぞよろしくお願い致します。

R4 芋掘り遠足受け入れ 案内.doc

R4 芋ほり遠足受け入れ 実施要項.doc

 

芋掘りページ ←クリックすると、ページへ飛びます。

ウエイトリフティング部の全国高校選抜大会結果

 3月26日から29日まで石川県金沢市を会場に全国高等学校ウエイトリフティング競技選抜大会が行われました。

本校からは3名出場しました。

 結果    67㎏級 飯山海斗(2の2) 12位

       96㎏級 菊地智雄(2の2) 3位

        +76㎏級 工藤朋佳(2の3) 4位

 今の自分たちの力を出せたと思います。しかし、まだ力足らずが見えた大会でした。まだまだ伸びしろはあるので、しっかり練習を積み上げて、自分たちの納得できる試合が出来るように頑張ります。

 

 

 

 

卒業生に連絡です。

3月30日(水)離任式

離任式は体育館で行いますが、卒業生は生徒昇降口から大講義室に入ってください。

外靴は職員室前の階段脇にブルーシートを準備するので、そこに置いてください。

大講義室でzoom視聴してもらいます。

お目にかかりたい場合は、大講義室前で待機してください。

なお、体調が優れない場合や家族で風邪症状などがある場合は来校をご遠慮願います。

みやぎ鎮魂の日(防災教育)

2011年3月11日2時46分、東日本大震災発生。

本校は地震による大津波により壊滅的被害を受けました。

あれから11年目をむかえ、宮城県鎮魂の日に合わせて防災教育が全校生徒を対象に行われました。

まずは、死者・行方不明者に黙とうを捧げました。

校長先生から「今日は本校にとって特別な日です。東日本大震災によって校舎は被災、仮設校舎を経て、現在の新校舎に移ることができました。日本全国から応援や支援を頂くことでここまで復興することができたからです。」と支援に対しての感謝の気持ちを述べました。

「学校がどのような被害を受けたのか。仮設校舎で先輩達がどう過ごしてきたのか。新校舎がどのようにできたのかを皆さんい知ってもらいたく映像を見てもらいたいと思います」と震災から復興までの歩みについてのDVDをみました。震災や仮設校舎で学んできた先輩に比べて、改めて充実した環境で学んでいることを実感しました。

DVDの後は生活科の卒業生、國井さんと上田さんに防災食についての講演をいただきました。

3月1日に卒業したばかりで、3年生の課題研究で進めた内容です。

彼女たちの研究は防災の乾パンをアレンジして美味しく食べるというものです。

乾パンの豚汁の具材にすることで汁を吸わせて、柔らかくしてみました。

また、きな粉、チョコ、ハチミツなどで和えることで、デザートのよう食べられるレシピを披露してくれました。

2年生の朝日くんに試食をしてもらうと「硬い印象でしたが、たべやすくなりました」と乾パンのイメージを大幅に変えたレシピに驚かされました。

このレシピは名取市の小学校と中学校の全生徒に配布されます。

國井さん、上田さんありがとうございました。

卒業式の裏側を大公開!

大公開1

昨年まで卒業証書が呼ばれる時は無音の中でした。

今年は古澤先生の生演奏を取り入れました。

卒業生は気が付いたでしょうか?

前日から心地よい音量を求めて様々な先生が準備を進めてきたんですよ。

流れた曲は

「仰げば尊し」

「奏」スキマスイッチ

「友~旅立ちの時~」ゆず

「道」EXILE

「ふるさと」嵐の5曲です。

音符を見てすぐに弾くなんて流石ですね。

こだわりとしては「CDではなく生演奏がしたかった」とのことでした。

古澤先生。素敵な音楽ありがとうございます。

 

大公開2

式後、体育館には保護者の方に残って頂きました。

その中で、3学年主任の木元先生へ感謝の想いを込めた花束が保護者代表の方から手渡されました。

3年生の担任のサポートをしながら生徒の成長に合わせて様々なことを支えてくれた立役者です。

卒業生はすでに退場してクラスで卒業証書をもらっているので生徒は見ることができないシーンですね。

 

 大公開3

生徒放課後、全職員が集まって3学年主任と担任に花束を贈呈し、一人一人にお言葉を頂きました。

卒業式を無事迎えたのは生徒や保護者の協力、そして先生方のおかげという感謝の言葉。

もっと出来たのではないかという後悔の言葉。

また担任をやりたいというチャレンジの言葉。

生徒のために更に学び続けるという前向きな言葉。

様々な想いを聞くことができました。中には感極まって涙する先生もいました。

それだけ、喜び、悲しみ、苦しみ、悩み、壁を乗り越えた3年間だったんだと思います。

木元先生、菅原先生、青柳先生、堀越先生、今野先生、幕田先生、谷口先生、三瓶先生お疲れさまでした。

そして、本校では新たな生徒を迎えるために、明日から入試に向けて準備を進めていきます。

別れの日。卒業式。

3月1日。3年間、宮城県農業高等学校で学んだ生徒229名が卒業式を迎えました。

下級生は参列することができませんでしたが、保護者の方は参列することができました。

各クラスの担任から生徒の名前を一人ずつ丁寧に読み上げます。

3年間呼び続けた名前も今日で最後となるため、先生たちの緊張や想いが伝わってきます。

農業・園芸科 3年1組の担任は菅原勝志先生です。39名の卒業証書授与代表は田村麗奈さんです。

農業・園芸科 3年2組の担任は堀越千詠美先生です。40名の卒業証書授与代表は中宥七海さんです。

農業・園芸科 3年3組の担任は今野博章先生です。38名の卒業証書授与代表は鈴木伶王さんです。

生活科 3年4組の担任は幕田一真先生です。33名の卒業証書授与代表は鈴木琴美さんです。

 食品化学科 3年5組の担任は谷口つるぎ先生です。40名の卒業証書授与代表は加藤陽太さんです。

農業機械科 3年6組の担任は三瓶健太先生です。39名の卒業証書授与代表は中川守都さんです。

在校生代表として2年生の大下愛子さんから送辞が読まれました。

「尊敬する先輩達のようになれるように努力します。私たちに優しく教えてくれてありがとうございました」

と先輩に対する熱い思いを言葉にしてくれました。

次に卒業生代表の片平黎明さんから答辞が読まれました。

その中では後輩に対する激励、指導してくれた先生方に対しての御礼、18年間育てくれたご両親への感謝を言葉にしてくれました。

峯岸校長先生からの式辞では本校で学んだことを活かして社会人として、または進学先で活躍して欲しいとエールが送られ、また、コロナの中でも3年間勉学に励んできた卒業生への労いのお言葉を頂きました。

厳粛な中、229名の卒業式を無事終了することができました。これからの皆さんの活躍を期待しています。

卒業おめでとうございます。

県知事表敬訪問!

1月10日に開催された第9回ビジネスプラングランプリにおいて、農業経営者クラブの目黒花織さん、河東田彩花さん、船山奈月美さんが応募総数3,000を超える中で見事に最優秀賞のグランプリを獲得しました。

その受賞を受けて、生徒3名が宮城県庁の村井嘉浩知事へ報告を行いました。同会場には伊東昭代教育長と第9回ビジネスプラングランプリを主催した日本政策金融公庫の仙台支店長兵藤匡俊様と同公庫東北創業支援センター所長今井祐之様にも同席していただきました。

峯岸校長先生から生徒紹介と教員紹介を行いました。知事の前ということで生徒達も緊張しています。

次に目黒花織(2年生)からビジネスプランについて説明を行いました。

プラスチックを含む水田用肥料をプラスチックを含まない肥料として販売を行い、840億円の市場ということなど発表したことを簡潔に分かりやすく説明を行いました。

村井知事からは内容について

「肥料にプラスチックが含まれているとは知らなかったです。宮城県のみならず、世界の海を美しくする活動に繋がりますね。是非、特許取得にも積極的に挑戦して欲しいです」

と評価して頂きました。

最後に3名の生徒と記念撮影を行いました。知事と話すことのできる貴重な体験になりました。今後も活動に向けて進めていきますので、皆さん応援よろしくお願いします。

2学年課題研究発表会

SDGsに関連した課題を自ら設定し、解決するための研究授業があります。

各クラス8チームの中からもっとも優秀なものが選ばれ、

クラス代表として2学年で発表を行いました。

 

2年1組代表 4班 テーマ:海の豊かさを守ろう

プラチックゴミが海に流れてマイクロプラスチックになるために、3Rを取り入れて綺麗な海を守りたいという研究です。データを多用して信頼性があるわかりやすい発表でした。

2年2組代表 6班 テーマ:キレイな海を保つために出来ること

海に漂着したマイクロプラスチック問題を解決するために①ゲーム募金、②マイバックの推奨、③木製ストロー導入を提案してくれました。発表の仕方を工夫し、聞き取りやすい発表でした。

2年3組代表 A班 テーマ:貧困をなくそう

発展途上国で起こっている貧困ですが、日本も15%の人が貧困で苦しんでいるという内容です。スライドに写真や絵を多用し、文字も箇条書きにすることで分かりやすい発表でした。

2年4組代表 48班 テーマ:ジェンダー平等を実現しよう

LGBTQという性的マイノリティを持つ人がどれくらい存在して、苦しんでいるのかという内容です。学校アンケートを行い、身近な人も悩んでいるという興味深い発表をしてくれました。

2年5組代表 1班 テーマ:プラスチックでキレイな海を保つために出来ること

プラスチックを油化する機械を使用して再生可能エネルギーにしたいという内容です。スライドが美しく、動画を入れることで分かりやすい発表でした。

2年6組代表 1班 テーマ:トイレ

私達の生活に身近なトイレをテーマにしてくれました。新たな用途や、面白いトイレを発表し、トイレに多くの問題があることを提案してくれた視点が面白い発表でした。

6つの発表はどれも生徒目線による新鮮な発表ばかりでした。

生徒の内容を聞くことで今までに無い知識を得られたかと思います。

この内容については2学年全員で聞き、発表に対する感想をまとめてもらいました。

聞く生徒の態度もとても立派で、同級生の発表が終わると大きな拍手がおこっていました。

自分の考えや想いを伝えることは社会を生きていく上でとても大切なスキルです。

この授業の中で、多くのことを学んで欲しいと思います。

和牛甲子園出品牛の一般販売決定!!

 今年度初めて肥育に挑戦し、見事「仙台牛」の称号を獲得した本校生産の牛肉が販売されることになりました。

販売は、県内の以下のスーパーです。

 スーパビッグ  原町店・おおくま店・吉成店・六丁の目店

 フレッシュフードモリヤ  落合店・村田店・旭ヶ丘店・沖野店・今泉店

 サンマリ   沖野店

 サンマルシェ 川崎店・大河原店・東中田店・荒井店

 ウィズマート 名取大手町店

 

 詳しくは、サンマリ様HPでご確認下さい。

この機会にぜひお買い求め下さい。

高校生ビジネスプラングランプリにおいて最高賞のグランプリを獲得

日本政策金融公庫が主催する第9回「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」の最終審査会が1月9日に東京大学において開催されました。応募総数 3,087 件の中から選ばれたファイナリスト 10 組がプレゼンテーションを行い、本校の農業経営者クラブの生徒が発表した「#ZEROマイプラ」というプランがグランプリを獲得しました。当日は、プレゼンテーションに先立ち、岸田内閣総理大臣から高校生に向けたビデオメッセージをいただきました。



プラン内容は水田用肥料として使われているプラスチックカプセルの残骸による環境汚染を防止するため、ゆっくり溶ける肥料を開発し、廃棄物ゼロを目指すプランです。事業化プロセスの完成度の高さや、環境問題を解決する商品を考案したことが高く評価され受賞に至りました。2月1日には村井知事へ表敬訪問を行い報告する予定です。

生活科 課題研究発表会を行いました。

「課題研究」という授業は?

 ・生徒が、テーマと目標を自分で設定して、栽培や調査、実験を行い結果や考えをまとめる授業です。

 ・全ての3年生が、学科や研究班毎にテーマに沿って取り組んでいます。

 

生活科では、1月25日(火)に、研究発表会を行いました。

3年生は4月から取り組んできた研究の成果を、緊張しながらも堂々と発表することができました。

1・2年生にとっては、先輩の研究へ取り組む姿勢や成果を見ることができ、とても良い刺激を受けていたようです。

 

コロナ禍でしたが、多くの方のご協力をいただき、生徒たちは研究や実習を続けることが出来ました。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

文部科学大臣賞を受賞し教育長表敬訪問をしました。

 農業経営者クラブの2年生の目黒花織さんが第17回私の仕事作文コンクールにおいて全国から3122点の応募があった中で最優秀賞の文部科学大臣賞を受賞しました。

 1月19日、伊東昭代教育長へ表敬訪問して、作文の内容について報告させて頂きました。

 教育長からは「作文に感動しました。姉の病気から諦めずに一歩踏み出して活動しているところが素晴らしいと思います。今後も頑張ってください。」と暖かいお言葉を頂くことができました。ありがとうございました。

 

題「2㏄で繋がる命のバトン」 

「なんで私だけがこんな目に…」

 絶え間なく続く吐き気、消えることの無い倦怠感、抜ける髪の毛。一本の管が彼女の消えかけた命の灯をつないでいた。

 私には大好きな姉がいます。公園に遊びに行くときは私の手を握り、苦手な犬が近づくと守ってくれる優しい人です。

 私が小学四年生になると、姉は食欲が無くなり、疲れも取れず、数日後には入院することになったのです。母から「お姉ちゃんが白血病になったの。病院で看病するから家に帰れない」と言われ、家族がバラバラに暮らすことになりました。

 ある日、病院に見舞いに行くと、部屋から姉の嗚咽が聞こえてきます。薬の影響で毛髪は抜け落ち、苦痛で泣き続ける姉の背中を母が擦っていました。いつも笑顔だった姉の変わり果てた姿にショックを受けて、部屋に入ることができませんでした。

 長い闘病生活の末、ようやく姉は家に戻って来ましたが、数ヶ月後には病気が再発したのです。重症のために2回目の治療は臍帯血移植を行うことになりましたが、家族は驚くほど明るく振舞いました。不安の中、必死に笑顔でいようとしたのです。再び始まった闘病生活は一年で手術とリハビリを終えて家に帰ることになりました。

 久々に4人で囲む食卓がこんなにも幸せなことだとは、病気にならなければ気づくことはできなかったでしょう。ようやく戻った日常が再び壊れるとは、この時は知る由もなかったのです。

 数ヶ月後、私が学校から帰宅すると、母が鞄にパジャマや歯ブラシを詰めていました。胸が締め付けられ「あぁ、またか」と思いました。そう、3度目の再発。今まで姉は闘病によって学校の思い出、青春、経験を失っています。この生活は終わることはないのか?出口の無い真っ暗なトンネルを歩き続ける姉を想い、私の感情は爆発したのです。「なんでお姉ちゃんばっかり、なんで私の家族が…」と泣き続ける私を母は優しく抱きしめてくれました。

 三回目の治療は骨髄移植。正常な血液を作る骨髄細胞を他人から移植します。骨髄バンクに登録した人を対象に、姉の血液HLAが適合することが必要ですが、その確率は数万分の一という低いものです。痩せていく姉を見ると、命が削られていくようで、早くドナーが見つかって欲しいと祈るしかありませんでした。

 ある日、母から「移植してくれる人が見つかった」とメールが届きました。2か月後には手術は成功し、姉は少しずつ元気を取り戻していきました。中学・高校を病院で過ごしましたが、今では元気に大学生活を送っています。姉の命と家族の笑顔のために、手を差し伸べてくれたドナーに心から感謝しています。

 この想いを形にするために、私は白血病の薬で髪が抜ける辛さを少しでも軽減したいと、自分の髪を30cm以上切ってNPO法人に寄付を行うヘアドネーションを行い続けています。

 現在、全国で1800人の白血病患者がドナーを探しています。骨髄バンクには53万人が登録していますが、ドナーの仕事や家庭、健康等の理由から約半分は選定が失敗します。全ての患者を救うためには今の倍以上の登録が必要です。誰もが発症する可能性がある白血病だからこそ、20歳から2㏄の採血で出来るドナー登録を一人でも多くの人に勧めたいです。

 骨髄バンクについて話すと「死んだら怖い」と言います。しかし、日本において骨髄移植による死亡例はありません。多くの人が間違ったイメージを持っているからこそ、将来は骨髄バンクのコーディネーターとして働きます。これはドナーが安心して骨髄を提供するために、病院、家族、職場へのアドバイスや調整を行う仕事です。姉や家族が苦しむ姿を誰よりも理解しているからこそ、白血病患者とドナーをつなぐ命のバトンになりたい。

 たった2㏄の血液とドナーの優しさが、私を青空の下へ連れ出してくれました。今度は私がコーディネーターとして患者を救う番です。誰かの光となって道を照らす未来を信じ、一歩一歩進んでいきます。 

 
※この大会は1,600字以内という規定があり、この作文は1593字で構成されています。

先輩の話を聞く会

1月19日に先輩の話を聞く会を開催しました。

3年生の先輩8名が、1年生と2年生にどのようして進路を実現したか講話しました。

進路前の準備、心構え、試験前にやっておいた方がいいこと、普段の勉強、資格取得等、

様々な対策を話してくれました。前半では4名の就職を決めた3年生のお話です。

1年生と2年生はその話を聞いて一生懸命にメモを取ります。

実際に試験を受けてきた先輩の言葉には説得力があり、集中して話を聞いていました。

後半戦は進学を決めた生徒4名の講話です。

公立大学、私立大学、専門学校、農業大学校に進路を決めた生徒が話しをしてくれました。

2年生は数ヶ月後には進級し進路に向けての活動が本格的にはじまります。

1年生は将来に向けて進路の方向性を考えなくてはいけません。

進路は様々な可能性が広がっています。だらこそ、自分の目標をもって高校生活を送ることは普段の勉学へ高い意識を持つことができます。

先輩は後輩に

「授業中に質問することは面接で自分の意見を言う練習に繋がります。」

「授業の最後に書く感想文は小論文の練習に繋がります。」

「普段の勉強を頑張ることが進路に繋がります。」という言葉に納得しました。

3年生の皆さんありがとうございました。

2年生進路ガイダンス

1月12日に2年生を対象とした進路ガイダンスが行われました。

進路は大きく進学と就職に分かれます。

就職希望者は体育館で就職にどのような人が選ばれるかというお話をお伺いしました。

説明を聞いた後は業種や進路先に分かれて、更に細かく話を聞いていきます。

将来、自分の仕事にしたいと考えているために生徒達の表情も真剣です。

進学先ではどんなことを学べるのか、学校の雰囲気、取得できる資格、

設備、先生達、奨学金、学校だけの強み、就職先など多岐にわたって質問がされていました。

本校では早めの進路活動を実践することで進路実現を目指しています。

「結米」県庁ロビーで販売

2022年1月14日、トヨタカローラ宮城、名取市立高舘小学校、宮城県立名取支援学校、宮城県立支援学校岩沼高等学園、宮城県農業高等学校の作物専攻の生徒と共同で商品化した、お米セット「結米」の販売を宮城県庁ロビーで行ってきました。

貴重な経験になったようです。ありがとうございました。

 

新生徒会・新農業クラブ役員 任命

生徒会・農業クラブの役員選挙が実施され,新役員が決定しました。

12月15日(水)には,生徒会・農業クラブの新役員任命式が行われ,

校長先生より任命書をいただきました。

任期は1年間となります。これからよろしくお願いします。

 

【生徒会】

写真左から

○副会長:庄子美紅 ○会長:藤原杏花 ○副会長:佐藤紫絵羅

 

 

【農業クラブ】

写真前方の左から

○副会長:平間七海 ○会長:大下愛子 ○副会長:水戸日南子

写真後方の左から

○監査:池田萌香 ○監査:渡邊千滉 ○監査:今出川慎治

2022年スタート!

2022年令和4年1月11日に始業式と賞状伝達式を行いました。

様々な活動で受賞した生徒達に賞状が手渡されました。

峯岸校長先生からは新型コロナウイルス感染症が年明けから猛スピードで増加している状況からこまめな対応を取りながら、教育活動を安全に進める旨のお話を頂きました。 

3年生は学校生活の時間も残り少なく、充実した学校生活を送ってもらいたいです。

 

2連覇達成!!日本一美味しいお米コンテスト

12月に行われた第15回日本一美味しいお米コンテストにおいて、作物部門の生徒が栽培した「だて正夢」が最優秀金賞を受賞しました。去年の東北194号に続き2連覇を達成しました。

このお米は5月20日に全校田植えをしたものです。生徒700名以上で田植えをしたお米が選ばれたことでとてもうれしく思います。

だて正夢はもちもち食感でとても美味しいお米です。粒はひとめぼれよりも小ぶりですが、しっかりとした粒のために冷めても美味しい品種です。

大会は出品者、品種等を全て隠し、人間の舌だけで審査を行います。

味だけのシンプルな戦いです。その中で選ばれることは、米作りについて大きな自信に繋がりました。

作物部門ではこれからも美味しいお米作りを目指して研究を続けていきます。

 

☆メリークリスマス☆

生活科1~3年生が、クリスマスリース作りに挑戦しました♪

リースの材料は、5月から10月まで栽培したサツマイモの茎です♪サツマイモの2段活用!!

 

それぞれ個性的で、とても素敵なリースが出来上がりました。

家畜用妊娠超音波器を寄贈していただきました!!

 本日は、株式会社富士飼料 代表取締役 小松 浩義 様および専務取締役 小松 貴男 様,株式会社七十七銀行 岩沼支店 支店長 赤坂 昌規 様と支店長代理 中田 達志 様が来校され、農業科畜産部門へ家畜用の妊娠超音波器を寄贈していただきました。

 家畜を飼育するうえでは、母体の状態を第一に、効率よく、子豚を生産することが大事なことです。そのため、受胎したかどうか確認するためには、経過の観察をしっかりと行わなければいけせん。また、受胎した子豚が順調に子宮で成長しているのか確認することも管理・観察では大切なことです。

 目録を手にした3年3組の片平黎明さん,2年1組鬼頭桜彩さんは,畜産の実習で大切に活用し,子豚の生産性をあげていきたいと意気込みを述べました。

 今後、寄贈していただいた家畜用の妊娠超音波器を、生徒の授業や実習で効率の良い子豚の生産に活用させていただきます。この度は、ご多忙の中、ご来校のうえ、本校の教育活動にご協力いただき、ありがとうございました。

 

年始に放送予定!お楽しみに!

肥育農家をめざす高校生の姿を特集で紹介したいということで東日本放送(KHB)さんの取材を受けました。

先日、毎日農業記録賞で全国入賞を果たした3年生の若松彩唯華さんです。

牛飼いを目指したきっかけやこれまで育ててきた牛への思い、来年の和牛甲子園にかける決意などを取材して頂きました。

放送日時は2022年1月4日(火)東日本放送(KHB)「チャージ!」内(18時15分~)特集6~7分程度を予定しています。

インターンシップ報告会

12月22日にインターンシップ報告会が開催されました。

本校では2年生になると様々な職業を学ぶために、地元企業への体験就職を行います。

2年生代表12名が1年生や同級生に向けて仕事の魅力や大変なことを発表しました。

先輩達は事前に準備した原稿とパワーポイント使用して丁寧に説明してくれました。

先輩達の言葉を聞いて1年生は沢山の質問をしていました。

記載用のプリントはメモでいっぱいになっていきます。

報告会は2時間行われ、2年生12名が発表を行ってくれました。

この体験から来年度の就職や進学先を決めていきます。

企業で実際の仕事をしている人から直接話を聞いたり、仕事を体験してみたりすることで、業種や職種、企業による仕事内容の違いや働いている人たちの雰囲気の違いを知ってもらえたかと思います。

施設野菜Ⅱイチゴハウス ICT化へ「いちごみまもりシステム」を設置しました。

令和3年12月13日(月)

産電工業株式会社さんの協力のもといちごハウスのICT化を進めております。

本年度はハウス内の気温・湿度・土中温度・土中湿度を通信装置を介して「見える化」を進めるため、機器を設置して頂くことができました。

当日は設置の前に2年生の授業の中でこれまでの経緯と機器の説明をして頂き、その後生徒たちが自ら考えた場所に設置しました。

測定場所10カ所からのデータがハウス内での変化や栽培にどのように影響しているか、どこにいてもハウス内の環境が「見える」ことは今後の農業にとって大事なことだと改めて感じました。

また次年度以降にメロン栽培でも活用できないか、今後も協力頂く産電工業株式会社さんと生徒たちとで検討していければと思います。