農業クラブ

農業クラブとは

日本学校農業クラブ連盟【Future Farmers of Japan (略称:日連 または FFJ)】

学校農業クラブは、1948年(昭和23年)に学校農業クラブとして、戦後の新制高等学校の学習活動の中で、農業高校生の自主的・自発的な組織として日本全国で誕生しました。

詳しくはこちらをご覧下さい。日本学校農業クラブ連盟ホームページhttp://www.natffj.org/

 

農業クラブ連盟の三大目標
学校農業クラブでは,自主的・主体的な活動を通してわたしたちクラブ員の科学性・社会性・指導性を高めることを目標にしています。

科学性・・・私たちに科学性があるということは、物事や課題のおおもとにある決まりやいろいろな関係を、筋道をたてて合理的に考え、判断し、行動する態度を身に付けているということです。

社会性・・・私たちに社会性があるということは、自分と他人で構成する組織などの社会の出来事に関心を持ち、他人の意見や行動を尊重しながら、自分の考えを表現することができ、社会の一員として協力して行動する態度を身に付けているということです。

指導性・・・私たちに指導性があるということは、民主的、合理的に判断する力を身に付け、より良い方向へ組織やグループおよび自分自身をみちびき、目的を達成しようと行動する態度を身に付けているということです。

 

クラブ員とは

農業高校に在籍する生徒全員が農業クラブ員になります。

 

農業クラブ各種大会

校内大会を勝ち抜くと県大会・東北大会・全国大会へと上位大会に参加できます。

特に農業クラブ全国大会は通称「農業高校生の甲子園」と呼ばれる大きな大会です。

学校代表になると県大会そして勝ち上がると宮城県代表として東北大会に出場します。

東北大会で勝ち上がると東北代表になり全国大会に出場します。

農業クラブの大会にはどのようなもがあるかご紹介します。

 

・意見発表大会

 身近な問題や課題、将来の抱負など様々な意見を発表する大会です。

 発表内容・態度など様々な観点から審査され評価されます。

 

 

 

・農業鑑定競技

 本校では1~3年生までの全員が校内予選に参加し、全校生徒の中から成績上位6名が全国大会に出場します。(努力によっては1年生でも全国大会に出場できます)

 

 

 

・プロジェクト発表大会

主に3年次に課題研究と言う科目で取り組んだ内容をPower Pointで作成し発表する大会です。研究の成果、専門性、技術などを発表しその内容を競い合う大会です。

 

 

その他にも家畜審査競技(肉用牛の部・乳用牛の部)、平板測量競技、情報処理大会(宮城県連盟は実施)が実施されます。

※本校は2019年度日本学校農業クラブ連盟全国大会(南東北大会)意見発表大会の競技運営校となっております。 

農業クラブ活動報告

農業クラブ活動報告

教育長への表敬訪問(イオンエコワングランプリ)

第9回イオンECO―1グランプリ において最高賞の内閣総理大臣賞受賞(2度目) 及びベストプレゼンテーション賞受賞したことにより1月20日に宮城県教育委員会の伊東教育長を表敬訪問し報告を行いました。2年1組 若松彩唯華、1年5組 目黒花織が研究の内容、方法、展望等を説明しました。教育長からは今後の研究の発展について期待している旨のお話を頂きました。

0

「農業経営者クラブとHACHIのコラボ 冬野菜のハンバーグ」販売のご案内

露地野菜部門で作った冬野菜をふんだん使用した「みぞれ煮風ハンバーグ #ハチクリ #ス農バーグ」が完成しました。甘い冬野菜と合わせて、クリスマスにも合う月替わりハンバーグを「ハンバーグレストランHACHI名取本店」にて12月中提供いたします。ライスは作物部門で作ったひとめぼれを使用しています。日本一美味しいお米コンテストで「優秀金賞」を受賞したものです。

〇特別企画として宮農生は学生証を提示すれば「500円引き」になります。同伴の方、学校職員はクリームコロッケを無料でサービスいたします。是非、ご賞味ください。

〇販売名:月替わりハンバーグ(味噌汁とごはん付き)

○販売期間:12月中

○販売場所:ハンバーグレストランHACHI名取本店のみ

981-1224宮城県名取市増田字柳田529-1 TEL022-384-2508

0

ハンバーグ専門 HACHI 名取本店と農業経営者クラブのコラボハンバーグ開発中!

 農業経営者クラブでは地元のハンバーグ専門店HACHI名取本店とコラボレーションをして月替わりハンバーグを開発しています。

 12月の月替わりハンバーグの開発に向けて日々頑張っています。

 作っているのは宮農産冬野菜を使用した「みぞれハンバーグ」です。「みぞれ」と言えば大根おろしを想像すると思いますが、それでは商品開発とはいえません。

 高校生が考えるみぞれとはいったい何なのか?一年を締めくくる12月のハンバーグということで生徒達も一生懸命に考えています。まだ、完成していませんが12月1日より名取本店において1ヶ月販売を行います。

 家族、友達、大切な人と一緒にご賞味ください。農業経営者クラブでは皆さんが満足して頂けるように美味しいハンバーグをHACHIさんと共に作り上げていきます。お楽しみに。

 詳しい情報はHACHIさんのホームページでご覧ください。

 https://www.maido-8.com/hamburg-natori/

※注意 この写真はまだ開発途中のものです。これを更にブラッシュアップしていきます。イメージ写真です。 

0

第24回ボランティアスピリットアワードにおいてブロック賞受賞!全国大会出場へ。

 農業経営者クラブの岩間ほのかさんは酪農部門で絞った牛乳を使用して、地元企業と連携して先輩と「もう蜜」というチーズずんだジェラートを完成させました。この商品は津波で被災した図南商事(ジェラートショップナチュリノ)と共同で開発したものです。

 これは「アイス万博」においても採用され全国主要都市で販売されました。また、ファミリーマートと共同で宮城、山形、福島においても販売しました。全国生協とも連携してカタログショッピングにより全国販売も行いました。1個当たり380円というハーゲンダッツよりも高い価格にもかかわらず、アイス部門1位の売り上げにも輝きました。

 現在イチゴ味を開発中です。地元の原材料にこだわり地元の復興を目的としたことから本大会においてブロック賞を受賞しました。12月に行われる全国大会はリモートにより開催されます。全国大会では上位入賞を目指して頑張ってください。

写真:右上が岩間ほのかさん

0

第33回「働くってなんだろうエッセイ」全国奨励賞受賞

 農業経営者クラブの若松愛唯華さんが第33回「働くってなんだろうエッセイ」において全国奨励賞受賞を受賞しました。

「ダンスの翼」

 小学校からダンス教室に通い、体を動かすことが大好きになる。ある日、友達が自分の陰口を言っているの聞いてしまい、ダンスが嫌いになってやめようと考える。しかし、大好きな音楽を聴くと自然と踊ってしまう自分に気がつく。ダンス教室で一生懸命に練習をして、陰口を言っていた友達とも仲良くなり大会を成功に導いた。

 彼女ならでは感性で書き綴られる文章がとても独特で人を引きつける作品になっています。

写真は学校で畜産を学ぶ若松愛唯華さんです。

0

毎日農業記録賞において全国農業高校校長会賞を受賞

 農業経営者クラブの岩間ほのかさんが、毎日農業記録賞において全国農業高校学校会長賞を受賞しました。

 昔、おじいさんが畜産をしていたことから、自分も興味を持ち農業高校に進学しました。2年生の時には放牧酪農を学ぶ為にニュージーランドへ研修へ行き、山地酪農を行うことが夢となりました。チーズの商品開発を行い、自分の目標へと一歩一歩進む姿が評価されました。

 毎日農業記録賞は自らの農業への体験を3000字で作文にするものです。この賞を受賞することで東京農業大学の推薦資格も与えられます。写真はニュージーランド研修へ行った時のホームステイ先の家族と撮影したものです。

0

第7回高校生文藝コンテスト エッセイ部門 「独房の彼女と私のエゴ」が最優秀賞!

農業経営者クラブの3年生岩間ほのかさんは小説を読むのがとても好きで、文書の構成もとても上手です。この大会は最優秀賞が出ない場合もあるほど、入賞することが難しい大会です。そんな中でも、牛の臭いを香水と表現するなど、大好きな牛と共に歩んだ活動をみずみずしい文章で表現することで勝ち取りました。おめでとうございます。

0

スマイルフードプロジェクト決勝大会へ

農業経営者クラブの1年生目黒花織さん、小田島鈴さんが開発した「伊達な宮城のじゅうねーんスープ」を開発しました。これはスマイルフードプロジェクトにおいて宮城県代表に選出され全国大会に出場することになりました。えごまをすり潰して味噌を加え、香りづけにシナモンを入れることで独特の風味を出しています。具材には宮城サーモンのつみれを使用したこだわりのスープです。優勝すれば商品化されます。頑張ってください。

0

農業鑑定の学習ページ


農業クラブ活動の一つ「農業鑑定競技」の学習のために、参考データを公開していきます!

農業の専門知識を向上させるために、勉強に励んでいきましょう!!

 ☆毎年2期に校内農業鑑定競技会を開催しており、全校生徒のランキングを発表しています!

 上位目指して頑張りましょう!!(2期の総合実習の評価も兼ねています)

 

【学習のポイント】

①自分流の学習ノートを一冊用意する!

②実施基準の出題の範囲を参考にして、名称と写真や手書きの図を書き込む。

③名称に応じた説明を本ページの参考データや教科書、インターネットで調べてまとめる。

④何回も繰り返し声に出したり、書き出したりして覚える!

 この繰り返し!!地道な努力が結果に繋がります!!

   

各自で下記のリンク文字(青)をクリックして活用してください。

参考画像(PDF形式)をパソコンやスマートフォン等で見ることができます。

 

【ノートの作り方】

あくまでも参考例ですので、自分が勉強しやすいように工夫してみましょう!

 ・ノートまとめ方(共通).pdf

 

【実施基準から 共通の出題範囲】

 ・農業鑑定実施基準(共通).pdf

 

【参考データ(共通)】

 ・農業鑑定学習(0共通 1.種子・植物体).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 2.用土).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 3.肥料).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 4.育苗用資材:鉢・ポット).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 5.資材).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 6.栽培用具).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 7.器具).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 8.栄養器官).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 9.生殖器官).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 10.水田雑草).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 11.畑地雑草).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 12.種子・植物体).pdf

 ・農業鑑定学習(0共通 13.生物調査).pdf

 

 

☆知識は自信につながります!!

 

 

0

農業経営者クラブの川井つむぎさん全国2位の快挙!

産経新聞社主催、文部科学省後援の第52回産経「高校生文化大賞」において農業経営者クラブの川井つむぎさんが全国2位となる優秀賞を受賞しました。この大会は6つのテーマ「創造する・挑戦する」「日本の進むべき道」「スポーツから学ぶこと」「100歳時代を生きる」「私が大切にしている言葉」「SDGs-より良い未来の目標」から一つ選び論文・作文を提出するものです。応募は221校、4354点でした。新型コロナの影響で表彰式は中止となり、賞状と副賞(図書券5万円分)が学校に届きました。つむぎさんは牛を管理する中での葛藤を書いた作文は下記リンク先から確認できます。是非、見てください。

http://www.sankeisquare.com/event/bunka_52/index.html

 

0