新着
  宮城県農業高等学校の美術部の紹介動画です!令和3年度の新入生歓迎会で上映した映像と、文化祭で上映した映像を合わせています。ぜひ、ご覧下さい☆
【朝の日課】 6:00~ 起床(身支度、着替えなどをするはずの時間。顔を洗って、寝ぐせを整えてほしい時間) 6:20  予鈴(週番が放送で好きな音楽をかけます。ここで起きる寮生の方が多いような気がします) 6:25  朝礼(全員が食堂に集まります)    ・男女各代表がスピーチ。今日の目標や、今の気持ちなどを全体にむけてお話します。    ・舎監の先生からのお話や連絡 6:40~ 清掃(寮内の割り当てられた分担区の清掃・自分の居室の清掃) 7:00~ 朝食 7:30~ 登校   規則正しい生活日課の自啓寮ではこのように日課で動きます。 眠くても朝礼には食堂へ集まらなければならないし、 そこで点呼もあります。 朝礼が済むと、すぐに自分の当番か所へ向かい、分担区の清掃を始めます。 みんなで使う場所をそれぞれが責任を持って清掃します。   登校までの間に、自分の居室の清掃や整頓も済ませます。 家庭ではなかなかできないこと。でも 寮でみんなで生活しているからできること。しなくてはとがんばれること。   「いってきます!」の場面特集                             みんな元気よく「行ってきまーす!」とあいさつしてくれ...
作物部門が実習田で育てた「だて正夢」が令和3年度第15回日本一美味しいお米コンテストにおいて高校生の部で最優秀賞を受賞しました。                  お米は全校田植えをしたものです。 この大会は品種や学校名を伏せて、白米だけを食べて美味しいお米を選ぶものです。 昨年度は「東北194号」で最優秀賞を受賞し2連覇となりました。全国から食味を競うために、一般農家さんと高校が集まりました。 賞状、盾、記念品、図書券等を頂きました。 現在、研究で食味調査をすると毎年のように美味しくなっていくのがデータで確認できます。 また、お客様からも「宮農のお米は本当に美味しい」と言ってもらえることが、私たちの励みになっています。 土作り、水管理、肥料、農薬、乾燥調整、すべてにこだわり抜いたお米をこれからも作り続けます。      
農業経営者クラブの生徒3名が東洋水産が主催し、各県の教育委員会が後援するスマイルフードコンテスト決勝大会に参加しました。 ご当地の食材を活かしたスープを開発し、そのコンセプト、味、見た目、プレゼンテーション、想いなどの観点から勝敗を決します。 仙台国際ホテルに書類審査で選ばれた県代表が集いました。 決勝戦ではスープの試食の他に10分間のプレゼンテーションも行います。 本校からは農業経営者クラブ、2年目の黒花織、小田島鈴、1年生の河東田彩花の三人で出場しました。 彼女達が作ったスープは上段中央の作品です。 甘酒をベースにし、具材は仙台白菜とにんじんを入れています。 香りには八角、上には柚庵焼で作ったピリッと辛い北限のゆずをトッピングしました。 商品名は「米どころ宮城 冬の森べっぴんスープ」です。 246チームの中で最優秀賞を受賞しました。発想の仕方や商品の仕上げ方、プレゼンテーションについて高い評価を頂きました。 副賞として来年10月にフリーズドライ商品として発売されます。その時は多くの方に食べて頂けるとうれしいです。   過去に商品化されたされたものを下記に紹介します。    
 本校畜産専攻3年生が、授業の中で『酪農教育ファーム』について調べ、認証牧場となるべく取り組んできました。  この日は、中央酪農会議、東北生乳販連、地域交流牧場全国連絡会の協力のもと、『ジュニアファシリテーター研修会』を実施していただきました。     ZOOMによる研修では、中央酪農会議の担当者の方から、酪農教育ファームの歴史や取り組み、ファシリテーターについての講義をしていただきました。また、過去に酪農教育ファーム活動の一環として実施していた「モーモースクール」の動画などを上映していただきました。    これまで、本校生徒は酪農や畜産、家畜について伝えるために小学生や中学生に体験活動を提供してきました。しかし、実体験を提供している酪農教育ファーム活動の実践例に触れ、もっと五感で感じる体験が重要なのだと考えたようです。  そのほか研修では、交流活動における感染症の防疫についての講義もあり、とても勉強になりました。  これを機に『酪農教育ファーム認証牧場』に向けて取り組んでいきます。