新着
ブログ
09/12
パブリック
    寮の生活では「大勢の中の一人」になります。寮は広いので例えば食堂に床の汚れがあっても知らんぷりもできてしまうでしょう。それでも汚れに気づき、拭いてくれる生徒がいます。  大勢なのでみんなが飲んだ牛乳パックもヨーグルトの容器もそのまま捨てるとゴミ袋が増えますが、たたむ、重ねるの手間を惜しまないことでコンパクトにできます。  大勢での生活だから気づくことが、義務入寮生にもあると思います。後の人のために脱衣室の床を拭いておく、トイレのスリッパを揃えておく。挨拶の気持ち良さ。 「決まり」としてそれを守ることだけではなく、良心からの寮生の行動に、大人の私たちも心洗われることがたくさんあります。  「義務入寮にも慣れてきて気が緩んできたので、最後までしっかり頑張りたい」 初めての洗濯も上手になり、同室メンバーとも打ち解けて話ができるようになった、と2組の皆さんは前向き、エネルギッシュに寮生活を送っております。
 就職に向けて生徒達は夏季休業前から面接練習などに一生懸命取り組んで来ましたが、いよいよ就職試験解禁が目前に迫って来ました。  校長先生、進路部長、学年主任から激励の言葉をいただき、そして、進路委員長による決意表明の言葉で全員の士気が高まりました。3学年の生徒・教員一丸となって就職試験全員合格を目指して出陣しました。