園芸科情報

玉夢ナデシコと東北復興宇宙ミッション(生物工学専攻)

投稿日時: 10/11 hag-to

「東北復興宇宙ミッション」は、東日本大震災からの復興への支援に対する感謝の気持ち宇宙から発信するプロジェクトで、岩沼市をはじめとした被災自治体の協力のもと、一般社団法人ワンアースが復興庁助成事業として実施しています。プロジェクトにおいては、被災地から記念品を打ち上げ、地球帰還後に活用することとしています。生物工学専攻では、過去に先輩が津波に耐え自生している「カワラナデシコ」を発見し、本日まで脈々と受け継いできています。そこで、この「カワラナデシコ」の種子を記念品として打ち上げていただきました。その後、種子が地球に帰還したということで、本日はその帰還式に出席してきました。

帰還式では今回お預かりする「カワラナデシコ」の今後の活用方法やこの「カワラナデシコ」にかける熱い思いについて報告させていただきました。

菊地啓夫 岩沼市長より「カワラナデシコ」の種子をお預かりいたしました。地球に帰還したこのナデシコは、復興を象徴する桜である「玉夢桜(学校で人工交配された新品種、岩沼市玉浦西地区が名前の由来)」にちなんで「玉夢ナデシコ」と名付けさせていただきました。本日のために作成してきた右の立て看板は、「玉夢ナデシコ」の栽培圃場に立てる予定です。

今回いただいた「玉夢ナデシコ」の種子はこちらの圃場に播種させていただきます。となりには命名のきっかけにもなった「玉夢桜」を育樹しています。今後は宇宙から帰還種子に変異が認められるのかを調べることはもちろん、岩沼市を「玉夢ナデシコ」が咲きこぼれるような町になるよう活動していきます。

菊地啓夫 岩沼市長、一般社団法人ワンアース 長谷川洋一 様、関係者の皆様、本日はありがとうございました。今後も地域復興に向けてより一層励んで活動していきます。